文字サイズ:


TOP >> MG6130徹底攻略 >> MG6130 インクについて

MG6130 徹底攻略 編

 注意:ここに書かれていることはすべて 保障対象外の行為 となります。 いかなる不利益も保障できません。

 2010年モデルのCanonのプリンタ MG6130を使いはじめて3年以上になります。 既に保証期間も終了したし、かなり早くから「互換インク」を使っていたので自分の場合 元々保証はないということで、「廃インクタンクのリセット」など、いろいろいじってみました。

「廃インクタンクのカウンターリセット」の方法

 リンク先 や (リンク先) からServiceTool V2000をダウンロード (リンク切れの場合は検索してみてください。 ダウンロード後は一応ウィルス対策やチェックはしっかり行ってください)。

 プリンタの電源を切った状態から、サービスモードに移行させます
 
MG6130 (MG系全般?) の サービスモードの入り方 (2ch情報 より引用)。

1) 電源が切れた状態にして電源ボタンを押す (離さず、押しっぱなし)
2) 非点灯のパネルからストップボタンを探して6回押す (押すたびに2カ所のランプが交互に点灯)
3) 電源ボタンを離す
ただ、ここから先は専用ソフトウェア (ServiceTool V2000のことです) が必要っぽい雰囲気。

 2chの方、ありがとう! サービスモードに移行できました!
 非点灯のストップボタンは意外と どこにあるか分かりづらいので、普段電源が入っているときに位置を覚えておくといいと思います。

 そして、プリンタをUSB (有線) 接続して、V2000を起動。

 廃インクタンクの カウンター・リセット前に自分のプリンターの状況を把握しておきたい場合は、[Print] 項目の [EEPROM] をクリックして、プリンターの状況 (Status) をプリントアウトしておきましょう。

 「Main」タブ内の、「Ink Absorber Counter」が [Absorber]=[Main]、[Counter Value]=[0]になっていることを確認。
[Set] を押せば完了。 プリンタの電源ボタンを押して電源を切ります。

 後は普通に起動すればOKです。 これで廃インクタンクのカウンターリセットが完了です。





おまけ

 以下は、[EEPROM] 内容を印刷したシートからの情報。

mg6130-reset-01before.gif(8197 byte)

リセット前
D=093.5 が 「93.5%まで廃インクが溜まっている状態ですよ」という意味。
これが95%(かな?)を超えるとキヤノンのサポートへ廃インクタンクの交換へ出さなくてはいけません。

mg6130-reset-02after.gif(8256 byte)

リセット後
D=000.0 になりました。 数字上ゼロになっただけなので、内部に廃インクが溜まっているのは事実です。
そのことを理解したうえでのリセットをしないと危険です。
まあ、実際に廃インクが溜まっているようにも思えないのだが...(自己責任)

mg6130-print-satus.gif(5231 byte)

印刷回数などの情報
とにかくこの「リセット」は廃インクタンクの警告を出さないだけのためのツールということを理解しておいたほうがいいです。
これを使ったらキヤノンのサポートへは修理に出せません。 ツールを使ったのがバレバレですからね。

 外国のサイト (リンク先参照) を見てたら、このEEPROMの [PRINT] 結果の解説のような文章を見つけました。

printer-status-sheet.gif(32743 byte)   

 上の図で見ると、TPAGE(TTL=06998 COPY=03301)ってなってますよね。 これは自分が今使ってるMG6130の情報なんですが
 TTL が 普通に印刷した枚数 (6998枚も印刷してました) で、COPY が コピー機能での印刷枚数 (こっちも3301枚!) です。
 合計で1万枚以上印刷してますね。 そこで93.5%に達していたということは、単純に計算すると A4用紙 約11,000枚で廃インクタンクのメンテナンスが必要という感じでしょうか。 もちろん印刷する用紙の大きさやカラー・モノクロの違いなどで変わってくると思います。

 自分は純正インクは2,3回使っただけ (しかし、純正インクタンクのチップは大事にとっておきましょう) で、あとはずっと321系向けの ELECOMSANWAの詰め替えインク を使ってる (GY:グレーだけは単体で追加) けど今のところ不調も無いし、正直いって純正インクと比較したら 10,000枚のインク代の差額でMG6130を3,4台は買い換えられるような気がします (汗)。 まあそれだけ使っても壊れなかった、たまたま ”運が良かった” だけかもしれないですけどね。

 とにかくこのモデルは 「インクコストがバカ高! これさえなければいい機種なのに」 といわれていたプリンタなので、詰め替えインクとリセッターを使って、本体が壊れるまでV2000で廃インク情報をリセットして使うというのも1つの手だとは思います (本当に 「自己責任」 の話ですが)。

 とうとうCanon(キヤノン)も大容量インクのプリンターをリーズナブルな価格帯で出してきましたね。 次回はこれを買うつもりです。
 Canon プリンター A4インクジェット複合機 特大容量ギガタンク搭載 G6030
Canon プリンター A4インクジェット複合機 特大容量ギガタンク搭載 G6030


TOP >> MG6130徹底攻略 >> MG6130 インクについて






Canon Pixus MG6130 徹底攻略 編