文字サイズ:


DELL 広告掲載・売れ筋モデル

ホームへ戻る / NEC PC-LL90FD1Y を分解、掃除した話 / NEC ノートパソコンのCPU交換 / Crucial SSD を入れてみた

NECのノートパソコン PC-LL565 LG6 の CPUを交換

 注意:この情報によるいかなる損失も補償できません。 自己責任でお願いします。

 2008年モデルのWindows Vistaマシン のCPUを交換しました。

・CPU交換


 おっとその前に、あらかじめバッテリーとAC電源ははずしておいてくださいね。 できれば静電気対策も。

pc-ll565lg-back011.jpg
 本体を裏返して写真の部分を開けます。 このモデルの場合は比較的簡単にCPUへアクセスできるのがいいですね。 工作などにちょっと自信がある人ならば簡単にできる作業だと思います。

 まずはクーリング・ファンの3つのネジを取り外して、次にCPUまわりの4つのネジを取り外します。 うまく浮かしながら(本を開く感じ?)持ち上げていくと ヒートシンクを取り出せます。

pc-ll565lg-back02.jpg
 今回は人様のパソコンということもあって、安全を優先しました。
 元々が Sempron という シングルコアCPU (2GHz 65nmmプロセス・ルール) だったものを デュアルコアCPU (1.8GHzのデュアル・コア 90nmmプロセス・ルール) に交換。 Turion 64x2 TL56 というCPUが最近 (2012年2月時点)では2,000円くらいで手に入れることができるので、コストパフォーマンスはかなりイイと思います。
 ちょっと動作がモッサリするVistaマシンがかなり快適に動くようになりました。 周波数的にはダウン・グレードっぽいけどシッカリ性能アップしてます。

 このマシンは元々が65nmmプロセス・ルールのCPUを搭載しているので、発熱量などを考えつつ お金に余裕があれば Turion64 x2 TL-60 以上のCPUにしてもいいかもしれません。

 エクイン(笑 Experience Index)でもCPUが 「4.1から4.7」 へ、そしてなぜかメモリ (RAM) が 「5.2から5.9」 へアップしました。
 この数値のアップは、メモリ速度にSempronのCPUが追いついてなかったんでしょうね (ちなみに今使っているメインマシン Corei7 の CPUエクイン は 7.4 です)。

experience-idex-exin.jpg(67613 byte)

 さすがにフルHDの動画はカクっとなっちゃうのはそのまま (これはグラフィックスがボトルネックなので仕方ない) けど、アプリケーションの動作や、ウィルス対策ソフトの定義ファイル更新とアプリケーション起動が重なるときなども効果を発揮してくれているようです。 

 CPU交換のついでにファンやヒートシンクに詰まったホコリなんかを掃除すると一層快適になると思いますヨ。

 ということで、シングルコアからデュアルコアへの交換ならば十分にリーズナブルな換装になると思いました。 やっぱりマルチ・コアはイイ!

sempron-cpu.jpg(19339 byte)

これが最初に入っていたCPU AMD Mobile Sempron

PS マルチ・コアCPUならばHDDから、最近お手頃価格になってきているSSDに換装するのもいいかも。

 
ホームへ戻る / NEC PC-LL90FD1Y を分解、掃除した話 / NEC ノートパソコンのCPU交換 / Crucial SSD を入れてみた


広告掲載・売れ筋モデル


NECのノート PC-LL565 LG6 の CPUを交換